スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Nikon F90

数あるニコンAF機の中で、振り返ってみて、最も不遇な機体がこのF90ではないでしょうか。1992年9月、定価128,000円にて登場。ノーマル裏蓋の通常版の他に、バリエーションとして裏蓋にデータバックMF-25、マルチコントロールバックMF-26を装備したものがあり、それぞれF90D(定価140,000円)、F90S(定価155,000円)と名付けられています。本稿の機体はF90Dです。いずれも同じタイミングで登場しています。

分け方にもよりますが、ニコンAFも第3世代に入りました。

F90_1.jpg

で、何が不遇かといって、しっかりとした作り込み(いかにも頑丈なボディ)と様々な試みにもかかわらず、今となっては先代のF-801ほど話題にされず、後継機のF100ほど名機と呼ばれず、ほぼ忘れ去られてしまっていることです。

本機のマイナーチェンジ版F90Xと併せて、8年間ほども生産されていたことになっており、当時から人気がなかったわけではないようなのですが・・・。

続きを読む

テーマ : フィルムカメラ
ジャンル : 写真

Minolta α-9xi

今回、試行的に写真のサイズを大きくしてみました。(記事内表示は変わらず)

画像クリックで拡大していただけるようになった半面、読み込みに時間がかかるかもしれません。また、写真の中のホコリが目立つようになっており、見苦しくなったかもしれません。ホコリについては今後もう少しケアしようと考えていますし、サイズについても調整するかもしれませんが、お付き合いいただきたく。

さて、本業のサラリーマン稼業他でバタバタしており、気付けばここのところ、月イチにまでペースが落ちておりました。気を取り直して週イチ程度までは戻したいと思っております。

今回取り上げるのは、7xi以上にミノルタの本気が投入された(と思われる)一台、α-9xiです。1992年7月、定価145,000円。ミノルタα史上、3台しか存在しない9ナンバーを持つ機体であります。

α-9xi_2

ソニーαで7が登場して以来、ミノルタ機の情報が埋没しがちになっており、本機もググる際には"-(マイナス)ソニー"が必須です。

酷評されることの多いxi世代機の中にあって、ネット上でも高く評価する記述が多い機体です。実際、私もかなり気に入っているものです。

続きを読む

テーマ : フィルムカメラ
ジャンル : 写真

Minolta α-5xi p

本稿で、ASZ一発無効化がひょっとしたらノーマルα-5xiの機能ではないかもしれない、と書いてありますが、その後、α-5xiを手に入れてみたところ、やはりパノラマ版で導入された機能でした。訂正を兼ねてノーマルα-5xiで一稿立ち上げ、このページは以下いじらないことにします。申し訳ありませんでした。2015/7/17 追記。

α-7xiの先進性がいまいち評価されず、EOS 1000/EOS 1000Sを尖兵とするキヤノンの攻勢に押され気味のミノルタが、xiシリーズのエントリー機として世に出したのが今回のα-5xiです。1992年5月、定価70,000円。

α-5xi_1

α-3xi、α-5xi、α-7xiにはパノラマ機能ナシ版とアリ版が存在し、まずナシ版が登場したあと、アリ版が登場します。3xi、5xiのアリ版は1992年11月、7xiは翌年4月に登場しています。実は本機は11月登場のパノラマ対応版です。

ひらやん(よかよか写真&カメラ)さまにコメントでご教示いただいたEOS 100のAFや、このあと出てくるペンタックスZシリーズのように、別タイミングで登場するパノラマ機能搭載版はパノラマ機能以外もレベルアップされていることも多々あるのですが、本機・本シリーズに関しては特段そのような話を聞きませんので、ノーマル5xiのタイミングで取り上げることにしました。
ひょっとしたら、ASZ切替は、パノラマ対応版のみの機能かもしれません。確証が持てませんでしたので5xiの機能として書きましたが、わかれば訂正します。

続きを読む

テーマ : フィルムカメラ
ジャンル : 写真

Canon EOS 1000S

大好評だったEOS 1000の後を受け、EOS 100の静音性を身に着けて登場したのが今回のキヤノンEOS 1000Sです。1000の後ろの"S"はサイレントのSとのことです。やっぱり『セン・エス』と呼ぶのでしょうね?諸般の事情により街で聞くこともなくなった某男性デュオの大ヒット曲を思い出させる語感です。

1992年3月、定価50,000円。先代より少しお高くなりました。なお、同じタイミングでパノラマ機能付きバージョンが2,000円高で登場しています。本稿の個体はパノラマ機能付き、いわゆるQD-Pですが、機能といってもシャッター部にパノラマ化アダプタを取り付けるだけのようで、もちろん(?)そんなアダプタなど持っていませんので、意味はありません。交換不可なファインダ・スクリーンにパノラマ時のガイドが入っているところが差異なのかもしれません。(1000Sの取説にはそんなガイドは記載されていない)

EOS1000_1.jpg

最高シャッター速度が1/2000秒となりました。(先代は1/1000秒)シャッター音はほぼそのままに、巻き上げがマイルドになり、男らしさは若干減じられてしまいました。

続きを読む

テーマ : フィルムカメラ
ジャンル : 写真

Kyocera 270-AF

本ブログでは、どんな機体にも技術者やユーザの想いや思いがあるのであって、駄作機なんて、そうめったにあるものではない、というのを基本スタンスとしています。そんな中で、こいつだけは駄作と呼んでいいのではないか、と思える機体が今回の京セラ270-AFです。

270-AF_1.jpg

かなりレアな一品です。ネット上にも情報がほとんどありません。

1991年11月、定価56,000円。

先代の230/210/200に比べ、随分とごつくなりました。京セラの重い3倍ズーム(28-85、35-105)を装着した場合、絵的にはバランスいいのですが、ゴツさの割に軽いため、見た目ほどには安定しません。

続きを読む

テーマ : フィルムカメラ
ジャンル : 写真

Canon EOS 100

90年代に入ってからのEOS中級機は、メイン機種とそれに続けく機能縮小版、という形が二代続きました。すなわち10と100、5と55の組み合わせです。今回はEOS 10をメイン機種の機能縮小版となるEOS 100です。1991年8月、定価76,000円。

EOS100_1.jpg

機能縮小版、とは書いたものの、型番からそう判断できるというだけで、単に後継機と表現されることもある高機能機です。少しだけサイズダウンしている上に、定価も90,000円から76,000円と別の価格帯になっているので、やはり弟分というべきではないかと思います。

続きを読む

テーマ : フィルムカメラ
ジャンル : 写真

Chinon CP-7m

今回は、寄り道ではありません。落ち穂ひろいであります。T90F-301OM101がリストに入っているのに、ましてP30TA3 DATET70を取り上げてしまったのに、こいつが抜けているのはおかしい、という機種が一台、残っていました。

チノンCP-7mマルチプログラム、1986年5月、定価72,000円。マニュアル・フォーカス機ながら、2年後のCP-9AFと同じ定価ということは、この2年の間にAF技術がいかに低価格化したかが推測されます。

CP-7m_1.jpg

CP-9AFのもとになったであろうスタイルです。ひとつ前の機種にあたるCP-5にはツインプログラムの添え名が与えられていました。6番は欠番です。

AF向けにレンズマウントに電子接点が配置されていないため、チノンマウントではなく、ペンタックスK互換マウント、となります。

続きを読む

テーマ : フィルムカメラ
ジャンル : 写真

プロフィール

Ken M.

Author:Ken M.

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

これまでの訪問者数
検索フォーム
リンク
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
アフィリエイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。