スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Minolta α-8700i (2) アクセサリーベースAB800

予告通り、ミノルタα-8700i用のアクセサリーベースAB800です。

α-8700iにAB800とグリップストラップ(ミノルタ流ではホールディングストラップ)HS-7を取り付けたのが次の絵です。

α-8700i_7-2

続きを読む

テーマ : フィルムカメラ
ジャンル : 写真

Minolta α-8700i

寄り道から戻ってきました。

ミノルタα-8700i、第2世代αの締めとなる機体です。1990年2月、定価88,000円。

本稿と次稿でα-8700iをとりあげるつもりですが、それをもって、本ブログの第1部『AFシステムの誕生と隆盛』は完結となります。いや、休眠期に入るとかではなく、そもそも第1部というのもとってつけたものです。α-7000の1995年2月からちょうど5年分、AF一眼システムの機体をすべて、(おそらく)カバーできたと認識しておりますが、この5年分、αの2世代分、というのがブログ開始当初からのひとつの目標でした。

読みに来ていただいた方々には深く感謝いたします。皆様のおかげで続けることができました。引き続き、ごひいきのほど、よろしくお願い申し上げます。

第1部(仮)では、αシステムの誕生と、EOSの反撃とが軸でした。第2部(仮)では、ますます勢いづくEOSと迷走を始めるαを軸に、ニコンとペンタックスがラインナップを完成させていくさまを表現できればよいなと考えております。



さて、本題です。

α-8700i_1

第2世代αには、機種名の末尾に"i"がついており、インテリジェント一眼などという言われ方をするものだから、インテリジェント(intelligent)の"i"などと思われているようですが、実際には
  ・ 知性(intelligence)
  ・ 革新性(innovation)
  ・ 同一性(identity、独自性?)
を表す"i"とのことです(※)
※ 朝日ソノラマ 『現代カメラ新書別冊 ミノルタα-7700i、α-3700iのすべて』

続きを読む

テーマ : フィルムカメラ
ジャンル : 写真

Minolta α-9000 (8) 丸型アイピース

さらに続けてα-9000です。

タイトルと異なりますが、先日入手した個体のうちの一台について、ボロボロのグリップを張り替えてみました。

α-9000_6-0

洒落っ気を出して、使う革シートに茶色のものを選んでみたのですが、結論から言うと、難易度が増す割に、みためも締まらない、です。引き伸ばしながら張るので、直線を出すのがキビしく、色の違いがその歪みを目立たせてしまうのです。

それはさておき、アイピースです。

α-9000_6-3

続きを読む

テーマ : フィルムカメラ
ジャンル : 写真

Minolta α-9000 (7) プレビューの不具合

まだまだ寄り道して、α-9000の7回目です。

今回はプレビュー機能(被写界深度確認機能)の不具合です。私はプレビュー機能をほとんど使わないため、恥ずかしながら前回ひらやん(よかよか写真&カメラ)さまがコメントでご教示下さるまで気付かなかったのですが、手持ちの可動α-9000のうち、1台のプレビュー機構が逝ってしまっていることが発覚しました。

α-9000_6-1

α-9000_6-1-2

1枚目の写真、光の当て方を失敗して見にくくて恐縮ですが、ヒンジの奥側が割れてシャフトが露出しているのがわかっていただけるでしょうか?下の方が正常なものです。

このヒンジが割れている方の個体では、プレビュー操作を行っても絞込みがかかりませんでした。

続きを読む

テーマ : フィルムカメラ
ジャンル : 写真

Minolta α-9000 (6) AW-90

α-9000での寄り道の続きです。

前回は、知人から3台のα-9000を入手し、うち一台か二台が使い物になりそうという話でした。

その知人は、とてもステキなアイテムをオマケでつけてくれました!

α-9000_5-4

α-9000専用オートワインダー、AW-90です。

続きを読む

テーマ : フィルムカメラ
ジャンル : 写真

Minolta α-9000 (5) 増殖

少し寄り道です。

過去の記事でも書いたことがあるとおり、『中古のαは勝手に増殖する』という現象があります。今回は、そんな事例の紹介です。

本ブログの一機種目であるα-9000の記事の中で、稼働品・不動品併せて4台のα-9000が手元にあることを書きました。それが現在、7台に増えています。

α-9000_5-1

これはもちろん、α-9000に自己複製機能が備わっているということではありません。

続きを読む

テーマ : フィルムカメラ
ジャンル : 写真

Minolta α-5700i

ミノルタ初のストロボ内蔵機、α-5700iです。

α-5700i_1

ストロボはリトラクタブルではなく、ニコンのF-401と同様の剥き出しタイプです。ストロボのOn/Offは、トグルというのかスライドというのか、目で見て状態がわかるものではなく、押して状態を切り替えるタイプのため、現状がどっちなのかパッと見でわからず、個人的にはイヤです。
※ F-401も確かにストロボ発光部が剥き出しになってはいますが、リトラクタブルです。2015/2/9修正。

1989年8月、定価62,000円。EOS 750とぴったり同じ定価は果たして偶然でしょうか。

プログラム+マニュアル+αの機体です。

続きを読む

テーマ : フィルムカメラ
ジャンル : 写真

プロフィール

Ken M.

Author:Ken M.

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

これまでの訪問者数
検索フォーム
リンク
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
アフィリエイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。