スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Canon EOS 1000

EOS史上、かなり大きなターニングポイントであったであろう一台、EOS 1000です。1990年10月、定価47,000円。

クラス上はエントリークラスのそのまた下に位置づけされる廉価機、いわゆるファミリー機ではありますが、低価格機にもフルモードを搭載、という、それまでとは180度の方向転換と言ってもよいコンセプトで登場しました。

EOS 1000_1

半年前に登場したEOS 700のシャッター速度優先搭載も霞んでしまいます。なにしろ、こいつのファインダーにはシャッタースピードと絞り値が表示されますから、下剋上もいいところです。それに呼応してか、プログラム露出モードではシフトが可能です。それどころか、露出補正時には、ファインダにインジケーターさえも表示されます。とてつもない底上げです。









中級機EOS 10とそれほどかわらないスタイルとサイズで、所有者の満足度はかなり高かったのではないでしょうか。本機にダメ出しすることは、本機以外に、もっと上位の機体が手元にあって初めてできることで、こいつの購入層が既に上級機を所有するなんてことはそんなになかったように推測します。

EOS 1000_2

続く2枚は、左がEOS 1000、右がEOS 10です。

EOS 1000_5

EOS 1000_6

面白くないのは先行ユーザで、特に直近のEOS 700購入者なんかは、やりきれない思いを抱いたかもしれません。下手をすると、EOS 10ユーザあたりからもパッシングがあったかもしれませんね。









上述のとおり、低価格で高機能、を実現するために犠牲にされたのがいわゆる質感といわれるものであり、それがためにネット上でも賛否両論です。ネット上で否定派が優勢のようにみうけられるのは、フィルムカメラでネット上にページを持っているような人たちがマニアだからであって、一般人まで含めればいい感じで拮抗するのではないかと思われます。

最も攻撃の対象となるプラスチック製のマウントは、しかしながら割れたものをみることはなく、擦り減ったりしたという話も聞きません。(80年代前後の)夢の素材、エンジニアリングプラスチックをなめんじゃないよ、といったところでしょうか。レンズ側もマウントがプラスチックになった、というのもあるでしょうね。

EOS 1000_3

ちょっと面白いのが内蔵ストロボで、EOS 750/EOS 700とはうってかわって、手動で(というか手で引っ張って)プル・アップします。それがスイッチになっていて、引き上げると同時にウィーンとチャージが始まります。削ってますね~。

EOS 1000_7

EOS 1000_8


フルモードというだけなら既にニコンがエントリー機F-401で実現していましたが、F-401シリーズ最終機F-401xも、ファインダ内表示の貧弱さはそのままでした。ミノルタもこの後のα-3xiをフルモード・ローエンド機として登場させますが、ファインダ内表示までは追随できませんでした。技術的に追随できなかったのか、戦略的にできなかったのかは知る術がありませんが、知りたいものですね。

このローエンド・フルスペック機(最高シャッタースピードが1/1000秒でフルスペック、というのは少しだけ抵抗がありますが・・・)の登場は、αショック、EOSの逆襲、AFプロ機の登場に続く、AF一眼レフ史上4番目の衝撃と言えるのではないかと考えます。

唯一欠点らしいところが最高シャッタースピードが1/1000秒であるところで、10年以上前の水準です。標準ズームを使う限りはそれほど問題にならなかったのでしょうか?

ファインダは0.75倍の90%となっていて決してよくはないのですが、ファインダの良し悪しは、いろいろ見比べてみないとわかりませんので、本機の購入層を考え、欠点から外しました。

EOS 伝統の、こんなグリップ(キヤノン流に言えば延長グリップ)が用意されています。

EOS 1000_9

型番はGR-70、もちろんグリップストラップが取りつけらます。というか、取説の写真を見る限り、当時はセットになっていたと思われます。EOS 10のGR-60とは互換性ありません。

最近のEOS 70DのCMでは、俳優さんがグリップストラップをつけて登場してますね。グリップストラップ、少しは流行りますかね!?









実は、本機は、本ブログを始める契機となった一台でもありますので、プラカメについて少し思うところを書いてみたいと思います。

たとえば上述のプラスチック・マウントについて耐久性如何、といった話や、プラスチッキーな機体のチャチさが所有欲を満たさないことをもって、メーカーの姿勢を疑う、といった話をよく聞きます。

私はこの視点に合点がいかないのです。

多くの人にとって、
  ① カメラをイジること。
  ② 写真を撮ること。
  ③ 出来上がった写真
のうちどれが一番大切かと問われれば、③出来上がった写真、ではないかと思うのです。

現在でもフィルムカメラを使うようなカメラ愛好家にしてみれば、①②>③の可能性は大いにあるのですが、ていうか私なんかも①>②>③だったりするのですが、当時、写真を撮っていた人たちにしてみれば、やっぱり③であると思います。

70年代生まれの私が子供の頃、カメラを撮る人というのはある種の特権職層として私の目に映っていました。修学旅行や運動会で偉そうにふるまうこのオヤジはナニ?と随伴カメラマンに対して感じていましたし、もうすこし大きくなって証明写真を撮りに写真屋に行った際、高飛車なカメラ屋の店長にイラっとしたりしたものです。

このEOS 1000は、そういう権威(?)を取り払う役割を果たしたのではないでしょうか。プログラム専用であったり、ファインダ内表示が貧弱であったりする、いわゆる"大きなコンパクト"ではない"本物の一眼レフ"が、もはや一部の人間のものではなくなった----よく、所有欲を感じない機体と言われるのも今の視点であり、繰り返しになりますが、当時の所有者は、十分に満足していたのではないかと感じます。10年の使用にもたない?上等です。それまでには飽きていたか、逆にハマって上級機に買い替えていたことでしょう。

ここまでテクノロジーの解放を実行実現したメーカーは、賞賛こそされ非難される由はないと思います。

本機とその後継機1000Sのあと、キヤノンはEOS Kissでプチ・プレミアム路線を打ち出し、たとえばマウントが金属に戻ったりしますが、これを、キヤノンもやりすぎに気付いたのだろうとか、やはり道具には愛着を持てることが必要とか、そういった論調で語ることにも、やはり違和感があります。5年後の中級機EOS 55でも、本機でしばしば非難される電池室カバーのプラヒンジが続投されています。メーカーは行き過ぎなど反省していない証拠ではなかろうかと思いますし、いや、そもそも何を反省する必要があろうか、であります。

EOS 1000の電池室の蝶番です。

EOS 1000_4

見にくいですが、ヒンジの部分が切れ込みの入ったプラで、何度も開閉を繰り返しているとちぎれてしまいそうです。

キヤノンの最下級機が上方シフトしたのには、その他の要因、たとえば90年代前半の円高なんかの方が、よっぽど大きかったのではないかと思います。









背景やメーカーの意図はともかく、プラカメ史に君臨するペコペコカメラには違いありません。しかし、性能は十分。

カメラがいじくりたいのか、フィルムで写真がとりたいのか、わからなくなった時に頭を冷やすために持ち出すにはいい機体だと思います。あぁ、でっかい機体を振り回すことが第一の目的になっていたな、なんてことに気付かされたりします。

ただ、単なる私の趣向以外の何物でもないのですが、レリーズ音&巻き上げ音は、同じローエンド機でもα-3xiあたりの方が好きなんですよね・・・・・・。
関連記事
スポンサーサイト

テーマ : フィルムカメラ
ジャンル : 写真

コメントの投稿

非公開コメント

No title

  Ken M.さまこんにちは。
「全身フルプラスチック」マシン来ましたね~。おっしゃるとおり、「必要にして十分」なマシンでカメラに興味はないけど一眼レフがかっこよいので使ってみたい!という方にはピッタリです(^^)。

カメラマニアよりもカメラに興味はあるけどマニアでもおたくでもない普通の人のほうが多いはず・・・というキヤノンのマーケティングのうまさにはまったく同意です。ボディマウントもプラスチックにしてレンズ側もプラスチックにしてしまうという割り切りは行き過ぎのような気もしますが・・・。実際プラスチックマウントXプラスチックレンズならなんら問題はないのですが、レンズがわが金属の場合はやっぱり少し削れます(^^;)。標準セットの35~80mm以外の使用は想定していないといったところでしょうか。

バイク好きの友人が振動の多い単気筒エンジンの車に積んでいったら振動でネジが取れてバラバラになった・・などというエピソードもありましたね(^^)。

次機の1000S、EOSKissが良かったのでいささか中途半端感のある個体です。

Re: No title

いつもありがとうございます。
ふだんとは違う時間帯ですね。お休みでしたでしょうか。

> 実際プラスチックマウントXプラスチックレンズならなんら問題はないのですが、レンズがわが金属の場合はやっぱり少し削れます(^^;)。

なんと、削れてしまいますか。
EFマウントのレンズはなかなか手が出ません。まともなレンズを持っていないことがばれてしまいました・・・。

> バイク好きの友人が振動の多い単気筒エンジンの車に積んでいったら振動でネジが取れてバラバラになった・・などというエピソードもありましたね(^^)。

それって、メーカー保証効くんですか!?
プロフィール

Ken M.

Author:Ken M.

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

これまでの訪問者数
検索フォーム
リンク
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
アフィリエイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。