スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Nikon F-601

α-7000から遅れること5年半、1990年9月、ついにニコンからスタンダードAF機が登場しました。F-601、定価80,000円。

F-601_1.jpg

待っていたひとは待っていた、のでしょうか。中古市場、ジャンク市場でも相当数を見かけます。

定価80,000円という価格は、他社に比べて値引き率が小さかったという話と併せても、EOS 630(定価85,000円)、EOS 10(定価90,000円)やα-8700i(定価88,000円)と十分に競合できたものと思われます。









兎にも角にもスタンダード機で、キヤノンのアートコードやミノルタのインテリジェント・カードのような奇を衒う(?)ところのない、そつなくまとめられた一台です。

F-601_2.jpg

ファインダはもちろん露出制御モード、合焦マーカー、ストロボ展開指示のみ、なんてことはなく、シャッター速度も絞り値も表示されます。露出補正時には、インジケーターも表示されます。

プログラム露出はシフト可能です。

レンズは、F-801同様、最少絞りで使う必要があります。

AF速度は、同時期のキヤノンやミノルタの同クラス機に比べれば若干劣るような気もしますが、ニコン機についてよく言われる、速度より精度重視、というのも、そうかもしれないと思わせてくれるものです。私自身はこの精度神話は実感がないのですが、発売より四半世紀たった機体が当時の性能をどこまで維持しているのか疑わしく、判断は控えることにしております。

さて、本体を眺めてみますと、非常にF-801に似た作りになっています。

F-601_3.jpg

F-601_4.jpg

F-601_5.jpg

ボタン類とその配置がほぼ同じで、したがって機能的にも(F-401ではなく)F-801に近いことを訴えかけています。

しかし、絵をみていただければわかる通り、金型は共通ではないこともまたすぐにわかります。

特徴といえるのかどうかわかりませんが、使用する電池がCR-P2なのは、実は一眼レフの世界ではかなり特異です。この時期の一眼レフは、単三単四にこだわるニコンを除けば、2CR5が主流であり、私の知る限り、PentaxのSF XのみがCR-P2も使える、という程度であります。実際、ニコンも一眼レフにCR-P2を使ったのはこのF-601限りでした。

少し前まで、CR-P2は『カメラ用』電池として売られていたように思いますが、この『カメラ』とは一眼レフではなかったようです。

ポップアップ型の内蔵ストロボはニコン初。
※ 申し訳ありません、F-401もポップアップ式です。

F-601_6.jpg

F-601_7.jpg

F-801には搭載されていない、機械式のケーブルレリーズがつながるようになっているのは意外な感じもします。取扱説明書では、ケーブルの型番としてAR-3等、となっています。

F-601_8.jpg









本機では、F-801のようなピント異常はあまり聞きません。F-801の方がAF機構が繊細なのかもしれません。

一方、F-801と共通の症状として、ギアが劣化しているのか、単に油切れなのか、けたたましいAF駆動音を奏でる個体が多くなっているようです。同じレンズをもっと新しめの機体につないでもそんな音はしないので、本体の劣化のようです。

そんなとき、ついやってしまいそうなのがコレ。

F-601_9.jpg

クレ・ゴー・ゴー・ロク。

たいていの家庭には、一本ぐらいはあるんでなかろうかというアイテムです。しかし、ちょっと調べればすぐわかる通り、こいつを吹きかけるというのは、極めてNGなオペレーションです。こいつには溶剤が配合されており、駆動系を着実に蝕んでいきます。長らく研磨剤が含まれていると思っていましたが、研磨剤は含まれていないようですね。

確かに本ブログは、フィルムカメラを期間の限られたの遊びとしており、飾りとして朽ち果てるなら多少強引にでも動かす、というのをスタンスとしておりますが、こいつの場合、本体駆動部のみに吹きかけたつもりが、レンズ側に溶剤もろとも流れ込む恐れがあり、本体よりはずっと長く生き続けるであろうレンズさえも傷つけてしまうことになりかねません。

代りに、こんなものがあります。

F-601_A.jpg

同じ呉工業のシリコンルブスプレーです。

こちらは溶剤も無配合で、ずっとずっとカメラとレンズにやさしいものです。

こいつに付属のノズルは5-56のものより細く、キヤノンAE-1の有名な不具合であるシャッターの鳴きの修理にもぴったりです。ほかにも、キヤノンA-1のシャッター無きの修理や、キヤノンAE-1 Programのシャッター無きの修理等幅広く使えて、ホームセンター等で300円前後、というのはとってもお得です。

精密機械用のラウナオイルがひと瓶2000円ぐらいしますから、ずっとお手軽です。

ただ、シリコンスプレーを使うという判断も、誰かが保証してくれているわけではありませんので、くれぐれも自己責任でお願い致します。

関連記事
スポンサーサイト

テーマ : フィルムカメラ
ジャンル : 写真

コメントの投稿

非公開コメント

No title

 Ken M.さまこんばんは。
私も「待ってた」一人です。801は高価すぎ、401はたよんない・・・という方が多かったのでしょうね。
私が現役時代に一番たくさん売ったニコンAFボディかと思われます。モデルの個体はクオーツデートなしのほうですね。これはこれで珍しいのでは?

ポップアップストロボは401にも装備されていましたが、リチウム電池使用のおかげで圧倒的にチャージが早くて非常に重宝です。またアルカリ単三と比べてうっかり放置しての液漏れトラブルの心配がなっかったのもぐうでしたね。スクリーンがマイクロスプリットマットで使いやすいマニュアルフォーカス版の601Mなど今でも欲しいと思っています。

おっしゃるとおり、作動音はうるさめですが巻き上げてますっ!という感じが強くて好きでした。
私の中では真面目で欠点のない名機という認識です(^^)。

Re: No title

ひらやんさま、

いつもありがとうございます。

> おっしゃるとおり、作動音はうるさめですが巻き上げてますっ!という感じが強くて好きでした。

てっきり経年劣化かとおもっておりましたが、もともとそれなりの音だったのですね。

> 私の中では真面目で欠点のない名機という認識です(^^)。

それに尽きる機体だと思います。
F-801の、電池交換がめんどう、片手で裏蓋が開けにくい、電源オンでビープ音ありに入ってしまう、といったいまいちなところが消えただけで、随分とフレンドリーな印象を受けます。
プロフィール

Ken M.

Author:Ken M.

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

これまでの訪問者数
検索フォーム
リンク
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
アフィリエイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。