スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Nikon F4

いつもジャンクばかりを探っているのではなく、いちおう私も動作確認済みの中古品から始めました。その後、たまたま手に取ったジャンクが動いてしまったものだから一台また一台と居住スペースを占拠するほどに増えてしまっただけで、当初はフィルムで写真をとるためにフィルムカメラを入手したのです。まさか、フィルムカメラ『を』撮ることが日常のなかでこれほどの時間を食いつぶすようになるとは思いもしませんでした。いまやフィルムカメラ『で』撮る時間以上となっております。

今回のニコンF4は、『を』ではなく『で』の時期、つまり私がフィルムを始めて間もないころに、諭吉さん二人で野口さんが何人か返ってくる、というお値段で入手したものです。使い込み具合に応じて、1万円台中盤から2万円台、というのが相場のようです。たまにジャンク(電池ホルダやファインダなし)を3、4千円で見かけることがあります。

F4_1.jpg









F4_2.jpg

で、やられてしまったわけです。

結局、使えるα-9000を手に入れるまで、この重量級カメラがメインのフィルムカメラでした。

写真の個体は3種類あるF4のうちF4Sと呼ばれるもので、1998年9月、定価239,000円という超ドレッドノート級のプライスで登場。いわゆるF一桁機、いわゆるプロ機とよばれるものです。中古品とはいえ、定価の十分の一で出回るというのは、ありがたいような、寂しいような、であります。

説明するまでもなく1/8000秒シャッター、マルチプログラム(通常&高速)、毎秒5コマ超の連写、ファインダの視度補正、等々、まさに全部入り。ついに動体予測(ニコンの用語では予測駆動)も搭載。α-9000でいいねと書いた専用ダイヤルによる測光モードの一発切替も搭載されています(標準ファインダDP-20、写真のもの)。

毎秒5コマ超のバサバサバサはたまらんですね。フィルム入れてなどは勿体なくてできませんが。

F4_3.jpg

マルチコントロールバックMF-23(写真のもの)を使えば、オートブラケッティング、フォーカスプライオリティ、インターバルタイマ、ディレイタイマー、デイリーアラーム(誰か使う?)、フィルムアラーム(撮影枚数が指定値に達したらアラーム)、等、アマチュアには使いきれないほどの拡張機能が得られます。

プロ機らしく、各ダイヤルにロック機構付き。

シャッターダイアル下のレバーを入れれば、ファインダ内の液晶のバックライトが点灯し、暗いところでも数値が読み取れます。

F4_4.jpg

時代に逆行するかのように、軍艦部には液晶がありません。すべてダイアルによってアナログに読み取ることになっています。しかし、その視認性ときたら、F-401のそれの比ではありません。しかも、同じ情報がファインダ内の液晶にも表示されます。ちなみに絞り値はのぞき窓からレンズの絞り環の数値を読み込むMF機時代の流儀です。

F4_5.jpg

F4_6.jpg

ひとつひとつのダイアルが大きく、指が引っかかりやすく、かなり踏み込んで設計されたように思います。背の高いシャッター速度ダイアルは、高さ自体はF3と変わらないのですが、となりのダイアルがより低く抑えられた分、F3よりも使い易くなっているように思います。

そんな本機ですが、ミラーレス機の登場によるオールドレンズ遊びの流行によって本機で使えるレンズの範囲が広いことが再認識されるまで、人気の低い機体だったと聞きます。ニコンの一桁機は奇数番(F、F3、F5)が名機で、偶数(F2、F4、F6)はいまいち、などと言われる始末。なお、私はレンズをそれほど持っていませんので、レンズのカバー範囲の広さの実感もなく、恩恵を受けたこともありませんので、そのあたりのことは書きません。

私などは、初めて触れた瞬間、手に纏わりつく造形と質感に、『これがプロ機というものか!』と感激してしまったのですが、造形・質感とも必ずしも高い評価を得ている機体ではなかったということを、後になって知りました。

プラスチック・ボディ万歳を掲げる本ブログで、いまさら質感がどう、などとコメントする必要はないとはいえ、四半世紀をへてなおテカリはあってもべたつきのないボディはさすがとしか言いようがありません。

造形にしても、他に類を見ないもので、手にしっくりくる感は他の追随を許しません。

なにより、AFが速いのです。F-801やF-401とは、別次元の速さなのです。手元のF-801やF-401が経年劣化を起こしているのだろうかと思ってしまうぐらい、速いのです。(とはいえEOS 650はそれ以上に速いのですが・・・・・・)

F4_7.jpg

本機は、写真のAi AF 180mm f/2.8D IF ED を使うために購入したものです。

このレンズ、ニコンFM10でフィルムを始めたときに、知り合いから安価に譲ってもらった(当時は借りていた)ものなのですが、さすがに軽くて薄いFM10ではなんともバランスが悪いのと、180mmの望遠を手持ちでMFするのが難しいというかムリなのとで、F4Sを導入するに至りました。

この組み合わせは最高に気に入って、当時、ちょうど屋外で動き回り始めた長男を撮るに際して随分活躍しました。さすがにこの重量(2kgほど?)になるとストラップも半端なものではだめですし、グリップストラップも必須でした。

今のニコン機がどうなのか知らないのですが、このころのニコン機はグリップストラップを取り付ける部分がバッテリーグリップにありません。フィルム後期のF80になってもやはりなく、ミノルタやキヤノン、あるいはMF時代にすでに実現していたオリンパスの後塵を拝しているような気がします。

そもそも、グリップストラップ、こんな便利なものはもっと普及してよいと思うのですが、あまり市中で見かけることがないのが不思議です。

F4_8.jpg

プロ機らしく、ファインダが交換可能です。ファインダ・スクリーンではなくファインダ部つまりペンタ部がごっそり取り外せます。

ウエストレベル・ファインダDW-20が数千円で出回っています。数もあるようです。

F4_9-1.jpg F4_9-2.jpg
F4_9-3.jpg F4_9-4.jpg

これを装着したとき、近い将来、二眼レフに手を出すような予感がした記憶があります。幸いその予感はまだ実現していませんが、つい最近、レンズはカビカビであるものの、十分実用になりそうなマミヤ・シックスを親戚からもらったので、少しずつ外堀が埋まってきているような気もしています。
関連記事
スポンサーサイト

テーマ : フィルムカメラ
ジャンル : 写真

コメントの投稿

非公開コメント

No title

 KenMさま こんばんは。
 やはり初期AF機では最強のマシンがこのF4だと思います。
もっとも私はずっとマニュアルフォーカスで使用していますが(^^)。
使用しているとピカピカになりますが、エンジニアリングプラスチックのガラスの含有率が
いまよりずっとずっと多い証だとか。

デジタル入力を無理やり?アナログで操作するように設計しているためにボディやシャッターの耐久性は
無敵なのに、フルデジタル入力のF801などよりも操作系のトラブルは多いようです。
あとファインダーの液晶表示もα9000のダイヤル部と同じくスジが入ったりしやすいようですね。

F5が登場してすぐデスコンになったり、ニコンサービスでのメンテナンスがプロ用なのにすぐに中止になったり
したのは補機類の基盤に弱点があり、補修部品が予想より早くに払底したからではないかと推察しております。

ニコンOBの方がやられているキートスさんではまだ修理受付していただけますが(^^;)。 
実は私の個体もジャンクで購入したものを治してもらって愛用しています。
最近はスプリットマイクロのKスクリーンなど入れて遊んでいます。

下記のブログで「マイカメラ ニコン」のところにF4の記事を書いておりますのでご笑覧いただければ幸いです。
(よかよか写真&カメラ) http://blog.goo.ne.jp/honnakotuyokayoka




Re: No title

ひらやんさま、こんばんは。

『よかよか写真&カメラ』リンクを張らせていただきました。

なぜか我が家にもズマリット5cm/F1.5があって、マイクロフォーサーズにつけて持ち出してみようという気になりました。私のではないため、これまで憚られていたのですが、どうせ今は使っていないので。

なんと、兵庫の方でしたか。私も実家は播磨地域です。






No title

はじめまして KenMさま

F4Sを入手したのは2年ぐらい前です。AF35-70付きで¥16Kぐらい。
もっぱらF2使い・・というか、α9000(某OFFで本体液晶漏れなし AF35-105
ストロボ、モードラMD90のチャージャーなし¥3,150)が最近のメイン・・です。
MD90のバッテリーパックどうにかしたいですわ。

 F4S変な点 
・付属したAF35-70だと露出オーバー気味で仕上がる。
 マルチパターンでも中央重点でも同様
・AiSだとちょうどよいというかアンダー気味
・AF28-200Dで、P、Sモードにしたとき急にAモードに変わる。(最小絞りでロックかけても)
 そもそもF4はMF玉をつけて撮るカメラだという説ですので、気にしたら負けですね。

もう一台、程度のいいF4(Eタイプが欲しい。。)ですけどね。

Re: No title

CHIRONさま、ようこそ。

> F4Sを入手したのは2年ぐらい前です。AF35-70付きで¥16Kぐらい。
>
> もう一台、程度のいいF4(Eタイプが欲しい。。)ですけどね。

Eタイプも、MD90同様バッテリーがダメになってしまっているのではないでしょうか?

> もっぱらF2使い・・というか、α9000(某OFFで本体液晶漏れなし AF35-105
> ストロボ、モードラMD90のチャージャーなし¥3,150)が最近のメイン・・です。
> MD90のバッテリーパックどうにかしたいですわ。

MD90のバッテリーパック(NP-90M)は、私も3つばかり手元にありますが、
チャージャーが手に入らないのと、手に入ったとしても中のバッテリーが寿命だろうと
思われるのとで、特に探してはいません。

あまり確かな記憶ではないのですが、一度、分解してみて、8Vほどの電池をつないでみたところ、縦位置シャッターボタンが切れたので、乾電池を組み込んだNP-90Mを三つ用意して運用しようかと考えたこともありました。その直後にジャンクでBP-90Mを見つけたので、潔くあきらめましたが、ときどき単三12本の重さにくじけそうになります。(今はAW90がメインです。)

>  F4S変な点 
> ・付属したAF35-70だと露出オーバー気味で仕上がる。
>  マルチパターンでも中央重点でも同様
> ・AiSだとちょうどよいというかアンダー気味
> ・AF28-200Dで、P、Sモードにしたとき急にAモードに変わる。(最小絞りでロックかけても)

きっと、電気系統のトラブルですよね。私の個体も、どうやらMB-21が不調です。電池がすぐになくなります。
本体と分離していてもすぐなくなります。発熱したりはしないのですが、どうやら少し漏電してるっぽい?


No title

KenMさま

先日の11日久しぶりにベルビアを装填して、これをもって散歩に行きました。
玉はAF35-200D、、散歩装備じゃないって?
 あれ?と思ったのは・・・AFーS、C両方とも死んでいる。。
はっ?
バッテリーチェック・・問題なし。
仕方がないので、Mにして・・・ピンの山がつかみにくい。。
帰ってきていじっていたら、シャコシャコ動く。。でそのうちまたうんともすんとも・・
サーボ系の問題かな?
 AF玉はほとんど持っていないので、MF単焦点つけます~
ただ、全面マットに近いスクリーンなので使いにくいわ。
 

Re: No title

CHIRONさま、
コメントありがとうございます。

> 帰ってきていじっていたら、シャコシャコ動く。。でそのうちまたうんともすんとも・・
> サーボ系の問題かな?

接触不良がありそうですが・・・・・・。

ニコン機(たしかミノルタ機)ではありませんでしたが、レンズと本体の接点が劣化していて、接点を磨いたところ、動き始めたAFレンズがありました。

ニコン機であれば、手元のF70が同じようにAFが効いたり効かなかったりがありました。これは、回転を伝達するカプラのボディ側の爪が、擦り減ったのか少しカサが足りないように見えたので、ラジオペンチで少し引っ張り出してみると、うまくつながったことがあります。

ウソみたいな話ですが、それ迄もその後も、激しく使うことのない機体でしたので、ほんとにそれでよかったのかどうかはわかりません。

ご参考まで。

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです
プロフィール

Ken M.

Author:Ken M.

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

これまでの訪問者数
検索フォーム
リンク
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
アフィリエイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。