スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Canon EOS 750

本機 EOS 750は、1988年10月、EOSシリーズのエントリー機として、兄弟機EOS 850のストロボ内蔵バージョンとして登場しました。定価62,000円。

EOS750_1.jpg









EOS750_2.jpg

以上。

・・・・・・ではあまりに寂しいので、もう少し埋めます。

私はストロボをバチバチ叩かれるのが非常に嫌いで、自分でもストロボは、高感度の弱いマイクロフォーサーズの古い機体であっても、たとえISOを1600まで上げてでも、ほとんど使わない人間です。また、フィルムにおいても、もう一台、低位機にNatura 1600を詰めて予備機にしておくタイプです。一般人がストロボを焚いている状況をみて、どちらかといえばディティールよりも雰囲気を必要としているのではないかな、できればISOを2段か3段上げて対応してくれないかな~、と常々感じているものです。

その良し悪しはさておき、そんな人間ですので、750と850を比べれば、圧倒的に安価な850一択なわけで、本機に魅力を感じないわけですが、それも今だから言えること、2台持ちなんて考えられない時代、ISO(当時はASAか)を自由に変えることができないフィルムの世界では、ストロボ内蔵は画期的なことであったことは容易に推測がつきます。

業界横断的にみれば、ペンタックスSF XニコンF-401オリンパスOM707京セラ230-AF(合体ストロボ)、そしてこのキヤノンEOS 750と、あとはミノルタのみが内蔵もしくはそれに類するストロボ機を持たない状況となりました。
※ ニコンを忘れていました。2014/9/23追記。

EOS750_3.jpg

軍艦部右手側はまったく850とまったく同じ。被写界深度優先モードもかわらず搭載されていますし、ビープ音を消す方法も相変わらずありません。

EOS750_4.jpg

左手側は、ストロボのOn/Offの切替スイッチがついています。本機はプログラム専用機であるため、ストロボにも強制発光はなく、オートのみです。

面白いのは、この内蔵ストロボ、発光ごと、つまりはシャッターレリーズごとに自動的に格納されるところです。ストロボの発光部の横の丸い部分はAF用補助光で、当然、AF作動時に機能するようにシャッターボタン半押しでポップアップします。それ以降は、たとえストロボをOffにしても格納されず、格納したいときには手動で閉じるしかないにも関わらず、シャッターが押されると必ず自動的に格納されるのです。なんともアンバランスな感じですが、自動格納こそが当時の開発部隊の出した、差別化への答えだったのでしょうね。



EOS 850のところで書いていなかったことを思い出しました。電池の装填方法です。

ペンタックスは本機と同時期のSF 7でいち早くグリップ一体型といえばよいのか、ねじ止めされたグリップをガパとはずして電池を装填する形式から脱却しましたが、キヤノンは微妙な改良をしてきました。確かに装填手順は1ステップ減ると言えなくもありませんが、果たして改良とまで言ってよいものかどうか・・・。

EOS750_5-1.jpg

以下はEOS 650EOS 620も同じ)ですが、2CR5を奥まで差し込んでロックさせた後、グリップを取り付けますが、EOS 750、EOS 850ではパコとはめ込むだけとなりました。

EOS750_5-2.jpg

さらに、EOS 650やEOS 620では電池をロックするだけでは通電せず、グリップを装着して初めて使えるようになるのに対し、EOS 750とEOS 850では、電池を装填するだけでグリップを装着せずとも操作が可能です。したがって、いざというときには電池だけ装填した裸の機体で撮影ができるという機動性が獲得されました・・・が、そんなことするひとはいなかったでしょうね。



850の回でもうひとつ、書き忘れておりました。

市場における相場は850、750いずれも100円~800円でしょうか。ほぼジャンク扱いで、きちんとした中古品として見ることはまずありません。初期のEOSでよく聞くシャッターのダンパーゴムの溶け出しは本機にもあると聞いています。私の個体には、まだその兆候は見られません。

850同様、本機も私の持ち出し実績がありません。当分先になりそうです。
関連記事
スポンサーサイト

テーマ : フィルムカメラ
ジャンル : 写真

コメントの投稿

非公開コメント

No title

 Ken Mさまこんばんは。

おっしゃるとおりコメントに困る機種ですね(^^;)。
当時のエントリー機は現在と違い「小型軽量」という思想が全くなく、金属マウント・アルミダイキャストボディ
ガラスのムクプリズム・・・とマテリアルは上位機種とまったく同じとなかなかヘビィな重量ですよね。

「オートフォーカス一眼レフのEOS」というだけでセールス企画書が通っていたのには
バブルの象徴のような。当時のマニュアルフォーカスリングのない標準ズームレンズもOM707用みたいで
今となっては逆に希少価値があるかと。値段がついても数百円でしょうけど(^^)。

Re: No title

いつもありがとうございます。

> バブルの象徴のような。当時のマニュアルフォーカスリングのない標準ズームレンズもOM707用みたいで
> 今となっては逆に希少価値があるかと。値段がついても数百円でしょうけど(^^)。

バブル!
すっかり忘れておりましたが、その視点なく当時を振り返ってはいけませんね。

低成長期の現在のように何をやるにつけても説明が求められるわけではなく、企画も出したもん勝ち、目立ったもん勝ち、なところは多分にあったものと考えられます。

奇抜なスタイルやインターフェースも、デザイナやエンジニアの苦闘などではなく、単なる思慮の欠如に過ぎないこともある、というわけで・・・。

話変わって、昨日、これまで遭遇したこともなかったフォーカスリング無しのキヤノン純正ズーム(35-70だったので、まさに当時のものと思われ)に出会ったのはびっくりでした。

シンクロニシティを感じるたものの、EFだということを考慮しても、動くかどうかもわからないジャンクの標準ズームにだすのはいかがなものかと思える価格だったので、見送りました。

プロフィール

Ken M.

Author:Ken M.

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

これまでの訪問者数
検索フォーム
リンク
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
アフィリエイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。