スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Canon EOS 620

キヤノン EOS 620です。

EOS 650 の2ヶ月後の1987年5月、その上位機種として定価108,000円で登場。差額の3万円弱が何かというと、
 ・ プログラムのシフト対応
 ・ オートブラケッティング
 ・ 多重露光機能
 ・ 液晶のバックライト
 ・ 最高シャッタースピードが 1/2000秒 ⇒ 1/4000秒
 ・ シンクロ X=1/125秒 ⇒ X=1/250秒
となっています。ちょっと割高な気がしますが、1/4000秒シャッターは、単焦点レンズを使う人も多いハイエンドモデルには必要でしょうね。

EOS620_1.jpg









EOS620_3.jpg

EOS620_2.jpg

登場のタイミング的に、このEOS 620から上記機能を省いて出したのが650だったのかもしれません。

上級AF一眼レフとしてはα-9000に次いで2番目です。しかし、α-9000とEOS 620とでは、全然別の層をターゲットにしているような気がします。なぜ、という説明はできないのですが・・・。

外観はそのままEOS 650で、唯一目立つ違いが機能名表記の色で、650の白("EOS"と同じ)に対し、620では赤となっているところです。割高なのにプレミアム感がないのが非常に残念です。

以下、650との比較写真です。左が620、右が650です。

EOS620_6.jpg

EOS620_7.jpg

EOS620_4.jpg

EOS620_5.jpg

おすすめ度は650の回でも書いた通りかなり高く、新品でも一万円以下、中古品なら5000円台から手に入るEF 50mm F1.8 IIなどで使おうとするなら、1/4000秒シャッターはかなりありがたいと思います。

中古品はともかく、ジャンクを漁るときにはシャッター幕に気を付けてください。定価で10万円超の機体であるため修理に出した人も多いのか、幕のきれいな個体に出会うことはそれほど難しくありません。

私の個体も、とりあえずゴム溶け出しの気配はまだ見られません。

EOS620_8.jpg

関連記事
スポンサーサイト

テーマ : フィルムカメラ
ジャンル : 写真

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Ken M.

Author:Ken M.

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

これまでの訪問者数
検索フォーム
リンク
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
アフィリエイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。