スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Minolta α-5xi p

本稿で、ASZ一発無効化がひょっとしたらノーマルα-5xiの機能ではないかもしれない、と書いてありますが、その後、α-5xiを手に入れてみたところ、やはりパノラマ版で導入された機能でした。訂正を兼ねてノーマルα-5xiで一稿立ち上げ、このページは以下いじらないことにします。申し訳ありませんでした。2015/7/17 追記。

α-7xiの先進性がいまいち評価されず、EOS 1000/EOS 1000Sを尖兵とするキヤノンの攻勢に押され気味のミノルタが、xiシリーズのエントリー機として世に出したのが今回のα-5xiです。1992年5月、定価70,000円。

α-5xi_1

α-3xi、α-5xi、α-7xiにはパノラマ機能ナシ版とアリ版が存在し、まずナシ版が登場したあと、アリ版が登場します。3xi、5xiのアリ版は1992年11月、7xiは翌年4月に登場しています。実は本機は11月登場のパノラマ対応版です。

ひらやん(よかよか写真&カメラ)さまにコメントでご教示いただいたEOS 100のAFや、このあと出てくるペンタックスZシリーズのように、別タイミングで登場するパノラマ機能搭載版はパノラマ機能以外もレベルアップされていることも多々あるのですが、本機・本シリーズに関しては特段そのような話を聞きませんので、ノーマル5xiのタイミングで取り上げることにしました。
ひょっとしたら、ASZ切替は、パノラマ対応版のみの機能かもしれません。確証が持てませんでしたので5xiの機能として書きましたが、わかれば訂正します。

続きを読む

スポンサーサイト

テーマ : フィルムカメラ
ジャンル : 写真

プロフィール

Ken M.

Author:Ken M.

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

これまでの訪問者数
検索フォーム
リンク
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
アフィリエイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。