スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Canon EOS 100

90年代に入ってからのEOS中級機は、メイン機種とそれに続けく機能縮小版、という形が二代続きました。すなわち10と100、5と55の組み合わせです。今回はEOS 10をメイン機種の機能縮小版となるEOS 100です。1991年8月、定価76,000円。

EOS100_1.jpg

機能縮小版、とは書いたものの、型番からそう判断できるというだけで、単に後継機と表現されることもある高機能機です。少しだけサイズダウンしている上に、定価も90,000円から76,000円と別の価格帯になっているので、やはり弟分というべきではないかと思います。

続きを読む

スポンサーサイト

テーマ : フィルムカメラ
ジャンル : 写真

Chinon CP-7m

今回は、寄り道ではありません。落ち穂ひろいであります。T90F-301OM101がリストに入っているのに、ましてP30TA3 DATET70を取り上げてしまったのに、こいつが抜けているのはおかしい、という機種が一台、残っていました。

チノンCP-7mマルチプログラム、1986年5月、定価72,000円。マニュアル・フォーカス機ながら、2年後のCP-9AFと同じ定価ということは、この2年の間にAF技術がいかに低価格化したかが推測されます。

CP-7m_1.jpg

CP-9AFのもとになったであろうスタイルです。ひとつ前の機種にあたるCP-5にはツインプログラムの添え名が与えられていました。6番は欠番です。

AF向けにレンズマウントに電子接点が配置されていないため、チノンマウントではなく、ペンタックスK互換マウント、となります。

続きを読む

テーマ : フィルムカメラ
ジャンル : 写真

Olympus L-1

またしても道草であります。

前回から1年を空けないコダックのフィルム大幅値上げによる財布へのインパクトにより(クドい・・・)、フィルムの終焉にまた一歩近づいた今、もはや横道にそれている余裕などない!との念に駆られそうになりましたが、いやべつに、このブログにせよフィルムの衰退を食い止めるのだ!などという高尚な志をもって始めたわけではなく、明日フィルムがなくなったとしてもなにもかわらず手元のオモチャを紹介していくだけであることに思い至りました。

まわり道上等、ただし時の流れを見失わぬ程度に、で進めていきます。

前回のT70では、α-7000以降の機体という箍(タガ)を外してしまいましたが、今回はレンズ交換式という枠を超えてしまいます。レンズ一体型一眼レフ、オリンパスL-1であります。1990年8月、ニコンF-601とほぼ同じタイミングでの登場でした。定価79,000円は、レンズ付きとはいえなかなかのお値段です。

L-1_1.jpg

OM707OM101でレンズ交換式一眼レフを打ち止めにしたオリンパスが、それでも一眼レフにこだわって(たぶん)、新たな生きる道として出したた答えがコレでした。

続きを読む

テーマ : フィルムカメラ
ジャンル : 写真

Canon T70

ペンタックスA3 DATEを取り上げた以上、こいつをとり上げないわけにはいかないような気がします。

インテリジェント・シューター、キヤノンT70、1984年4月、定価69,000円。αショック以前の機体を取り上げるのは本ブログ初、であります。

T70_1.jpg

プログラム+シャッタ速度優先というスペックは、いかにもAE-1 Programの後継機であり、P+AのペンタックスA3 DATEとは、それぞれシャッター優先陣営、絞り優先陣営の尖兵として、良きライバルであったように見えます。なお、FDレンズ以前のFLレンズを使えば実絞りAEが使える、などと言われますが、たんに連動ピンがないだけですので、これをサポートするモードにあげるのはどうかと思います。

続きを読む

テーマ : フィルムカメラ
ジャンル : 写真

Pentax A3 DATE

P30Tに続けて、もう一台、番外編です。

ペンタックス A3 DATE。1985年3月、定価53,000円。無印(初代)P30より半年ほど早く登場したマニュアルフォーカス機です。イージーローディング搭載の自動巻上げ、ただし巻き戻しは手動、となっています。

表記はA3でもいいんじゃないか、とも考えたのですが、なぜかつけたくなって"A3 DATE"です。

A3_1.jpg

折しも時代はαショック、ほぼ同じタイミングで出てきたα-7000に通じるシルエットではありますが、デザイン的に互いに影響があったと考えるには短すぎる期間です。しかし、同じAシリーズのProgram A、Super Aとはあまりに違うスタイルですので、α-7000からの類推で、本機をAF機と勘違いしてしまったひとも少なからずいたのではないかと想像します。

続きを読む

テーマ : フィルムカメラ
ジャンル : 写真

Pentax P30T

Z-10から時系列上2台ほどスキップしたついでに、番外編をいってみたいと思います。

ペンタックスからZ-10と同じタイミングの1996年6月、定価36,000円で登場したMF機、P30Tです。

P30T_1.jpg

もとはプログラム&マニュアル露出のみの機体として1985年10月(αショック後!)に登場したP30で、それが1989年4月のP30Nで絞り優先AEが載せられ、さらに本機でメタリックカラー(『チタンカラー』とのことですが・・・?)のボディを与えられたものです。人気があったのか、少ないながらも需要があったからなのか、90年代後半まで生産されていたとのことです。

続きを読む

テーマ : フィルムカメラ
ジャンル : 写真

プロフィール

Ken M.

Author:Ken M.

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

これまでの訪問者数
検索フォーム
リンク
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
アフィリエイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。