スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Pentax Z-1

あまり気乗りのしない二台をとばして、前回のZ-10つながりでペンタックスZ-1を取り上げます。1991年12月、定価99,000円。お値段的にスタンダード機よりちょっと上、F-801/F-801sと同クラスのハイアマ機でしょう。

このブログでも何度か"異形"という言葉を使ってきましたが、こいつも、その言葉がふさわしい一台でしょう。

Z-1_1.jpg

ネット上では極めて高い評価を得ているような気配があります。ちょうど1年ほど前でしょうか、ソニーのα-99ベースでありながら、本体価格120万円というハッセルブラッドのデジタル一眼、HVが登場したときに、思わず『Z-1!』と心の中で叫んだひとも多かったのではないかと思います。

続きを読む

スポンサーサイト

テーマ : フィルムカメラ
ジャンル : 写真

Pentax Z-10

ペンタックスの次世代機は、エントリークラスからの登場でした。Z-10、1991年6月、定価52,000円。SF Xnから2年半後です。1990年にレンズ一体式一眼レフL-1が登場していましたが、このころ、オリンパスのレンズ交換式一眼レフの撤退はもう公にされていたのでしょうか?ペンタックスのファンはようやく出てきたこいつを見て、ホッとしたんでしょうか?

ペンタックス Z-10でネット検索を行うと、少し前のコンデジ、OPTIO Z10ばかりがヒットしますね。

Z-10_1.jpg

オリンパスのデジタル一眼、OM-D E-M1にちょっと似てる?

こんな書き方をすると、ペンタックスのファンからは怒られるのかもしれませんが、プログラム+マニュアル+疑似絞り優先を搭載。SF 7がフルモード機だったことを考えると、ちょっと不思議です。

AFは測距点は中央一点ですが、動体予測を搭載

続きを読む

テーマ : フィルムカメラ
ジャンル : 写真

Minolta α-3xi

前回のα-7xiに続けて、同時に発売されたファミリー機、ミノルタα-3xiです。1991年6月、定価50,000円。とても小さな機体で、50mm/F1.7がよく似合います。

α-3xi_1

もっとも、xiズームではないズームレンズを使った場合、本機および本xiシリーズ最大のウリであるxオートスタンバイズーム(『勝手にズーム』)は作動しません。もちろん、50mm/F1.7のような単焦点でも同じです。

続きを読む

テーマ : フィルムカメラ
ジャンル : 写真

Minolta α-7xi

ミノルタの野心的シリーズの一号機、α-7xiです。1991年6月、定価98,000円。スタンダード機・中級機を表す7ナンバーが与えられていながら、それまでのα-7000(定価88,000円)、α-7700i(定価80,000)よりもお高めの価格設定がなされているところに、ミノルタの本気度と自信が現れていたと思います。

オートズームというか、『勝手にズーム』ばかりが取り上げられて酷評され、短命に終わってしまったシリーズではありますが、しっかりとした作り込みや試みに対し、ファンも少なくない機種です。

α-7xi_1

まず目を引くのは本機のスタイルです。滑らかな曲線で構成された美しいシルエットです。私などはα-7700i/α-8700iよりも、よほど洗練されているような気がします。

続きを読む

テーマ : フィルムカメラ
ジャンル : 写真

Nikon F-401x

前回のF-801s同様、F-601の登場に合わせてエントリー機F-401も2度目の更改が行われました。ニコンF-401x、1991年4月、定価64,000円。F三桁機の最終機です。

F-401x_1.jpg

ニコンは結局、今世紀に入ってからのUsに至るまで、ファミリークラスと呼べる機体を用意しませんでしたし、そのUsやAPS機を含めても定価で4万円台の一眼レフを出しませんでした。ユーザの新規開拓には随分苦戦したと推測されますが、いぶし銀のようなニコンの強さが既存ユーザを離さなかったのか、ジャンク棚やジャンクカゴ、まれには中古品として、相当数のF三桁機を見ることができます。その中にはもちろん本機F-401xもいます。

続きを読む

テーマ : フィルムカメラ
ジャンル : 写真

Nikon F-801s

先日、ビックカメラに寄ったところ、コダックのスーパーゴールド400の10個パックが在庫限りとなっていました。スーパーゴールド400自体は残るようですが、微妙に値上げがなされているような?エクターの5個パックにも在庫限りの札が張り付けられていました。

また一歩、時限に近づいたようです。

さて。

気をとりなおして。

F-601の登場に合わせて、3年前のF-801の機能を底上げして登場したのが、今回のニコンF-801sです。1991年3月、定価98,000円。1991年3月といえば、バブル崩壊の始まりとされるタイミングでした。世間がそれを感じるのは、もう少し先になります。

F-801s_1.jpg

F-801から更改された点のうち、最大のものが動体予測AFの搭載でしょう。ニコンの動体予測AF(ニコン流にいえば予測駆動)を搭載する機としては、F4、F-601に続く3機種目となります。

続きを読む

テーマ : フィルムカメラ
ジャンル : 写真

Canon EOS 1000

EOS史上、かなり大きなターニングポイントであったであろう一台、EOS 1000です。1990年10月、定価47,000円。

クラス上はエントリークラスのそのまた下に位置づけされる廉価機、いわゆるファミリー機ではありますが、低価格機にもフルモードを搭載、という、それまでとは180度の方向転換と言ってもよいコンセプトで登場しました。

EOS 1000_1

半年前に登場したEOS 700のシャッター速度優先搭載も霞んでしまいます。なにしろ、こいつのファインダーにはシャッタースピードと絞り値が表示されますから、下剋上もいいところです。それに呼応してか、プログラム露出モードではシフトが可能です。それどころか、露出補正時には、ファインダにインジケーターさえも表示されます。とてつもない底上げです。

続きを読む

テーマ : フィルムカメラ
ジャンル : 写真

Nikon F-601

α-7000から遅れること5年半、1990年9月、ついにニコンからスタンダードAF機が登場しました。F-601、定価80,000円。

F-601_1.jpg

待っていたひとは待っていた、のでしょうか。中古市場、ジャンク市場でも相当数を見かけます。

定価80,000円という価格は、他社に比べて値引き率が小さかったという話と併せても、EOS 630(定価85,000円)、EOS 10(定価90,000円)やα-8700i(定価88,000円)と十分に競合できたものと思われます。

続きを読む

テーマ : フィルムカメラ
ジャンル : 写真

Canon EOS 700

気付けば先月(2015年1月)は、記事ひとつで終わってしまいました。

EOS 10のアートコードであと一回ひっぱるか~などと考えていましたが、間もあいてしまったこともあり、またアートコードはEOS 100でもう一度触れる機会があるといえばあるので、時間を先に進めることにします。

今回はEOS 10と同じ1990年3月に登場したEOS 700です。一年半前のEOS 750にシーンモードを追加して登場。定価58,000円は、4,000円お安くなりました。

EOS700_1.jpg

上位機EOS 10、下位機EOS 1000(1990年10月)がそれぞれEOS 630、EOS 850から大きくモデルチェンジを果たしたのに対し、エントリー機である本機はマイナーチェンジで済ませてきました。

説明書、あるいはインターネットがなければ、まさに上述のとおり、750にシーンモードが追加されただけ、と判断してしまうことでしょう。

あぁ、よく、マウントまでプラスチックになった機種として、EOS 1000が取り上げられていますが、実際には本機が初のプラマウントEOSです。

が、実はこいつには、プラマウント云々がどうでも良くなるぐらい、驚くべき隠し玉があったのです・・・。

続きを読む

テーマ : フィルムカメラ
ジャンル : 写真

プロフィール

Ken M.

Author:Ken M.

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

これまでの訪問者数
検索フォーム
リンク
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
アフィリエイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。