スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Canon EOS 10 (2) 延長グリップGR-60

EOS 10、続けます。

本機とα-8700i/7700iというライバル対決では、どうしてもバーコード入力システムとインテリジェント・カード・システムの対比というイメージ先行の比較がなされることが多いようです。しかし、ここでは敢えてその飛び道具どうしの打ち合いを避け、もっと地味なアイテムを取り上げて両者の好(?)ライバル感を語ってみたいと思います。

それが拡張グリップGR-60です。キヤノン流には延長グリップと記載されています。

EOS10_101.jpg

α-8700i/7700iのアクセサリー・ベースAB-800/700に対抗(?)するアイテムです。

続きを読む

スポンサーサイト

テーマ : フィルムカメラ
ジャンル : 写真

Canon EOS 10

ようやくキヤノン、ミノルタ、ペンタックス、ニコン、シグマと各社の銀塩最終機(くどいようですが、ニコンのF6は例外視です)を、多少思い残すところはありつつもひととおり眺めおわりましたので、本筋に戻ろうと思います。

第2部の初回は予告通り、キヤノンのEOS 10です。1990年3月、定価90,000円での登場。QD(クオーツデート)が標準装備ではあるものの、正しくはEOS 10 QDという名称のようです。が、ここでは忘れます。ただ、ネット上で検索をかける場合には、"EOS 10"だとデジタル機EOS 10Dがたくさん上がってきますので、"EOS 10 QD"と入力した方がよさそうです。

EOS10_001.jpg

QDといっても、いまやバックパネルの機能ではなく(ボタンはバックパネルにありますが)、本体軍艦部右手側の液晶を使って設定します。

EOS 10といえば、バーコード入力システムばかりが、それもαのiシリーズとの対比の中で取り上げられてしまうことが多いのですが、この目を引くシステムは次回以降にとりあげることとし、ひとまずは本体に着目したいと思います。実は普通に高性能です。

続きを読む

テーマ : フィルムカメラ
ジャンル : 写真

Sigma SA-7N

本ブログ初のシグマ機です。

シグマの銀塩一眼レフしんがりは、SA-7Nです。2002年、定価55,000円で登場。登場月は不明でした。

派手さのない、というよりむしろ地味な機体ですが、他社競合機にはないカメラカメラしたところを残したスタイルは、一部のひとには訴えるものがあるかもしれません。

この年、シグマはデジタル一眼レフSD9を登場させています。シグマのホームページ等を眺めてみても、SD9のSDと9の間はハイフンがありませんが、SA-7NのSAと7の間にはハイフンがあります。

SA-7N_1.jpg

非常に軽く、プラスチック一眼レフを地で行く機体ですが、パスンというかパシュンというか、プラ感たっぷりの軽いシャッター音も、決して悪くは感じられません。α-7あたりに似ているような、似てないような、やっぱり似てるかな、というような音です。わからない?すみません。わかるはずがないですね。ただ、なんかいい、というコメントはネット上でも見られます。

続きを読む

テーマ : フィルムカメラ
ジャンル : 写真

Nikon U2

キヤノン、ミノルタ、ペンタックスにつづけてニコンの銀塩最終機(くどいようですが、F6は別枠として考えています)を取り上げます。ニコンU2、2003年3月、定価64,000円で登場。

αショック以来、エントリー機からハイエンド機までの統一感がないというのか、ずいぶんと商品展開に悩んだ印象を受けるニコンですが、F5の1996年を境に、いぶし銀のような強さを見せ始めます。それが象徴的に表れているのがボディのデザインで、悪く言えば単調ですが、ひと目でニコンとわかる意匠を確立させました。

クラスとしてはF-401、F50、F60と続いてきたエントリークラスではありますが、海外名はF75(N75)となっていますので、F80のチョイ下、といった位置づけになっているようです。実際、機能の充実でいえば、3年前のF80と逆転しているところもあるでしょう。

ニコンも、キヤノンのKiss、ミノルタのSweetというサブブランドに対抗するかのようにフレンドリーな名前で投入してきたのはペンタックスと同じです。が、ニコンに限っては、その戦略は必要だったのか、と考えるひとも多いことでしょう。ともかく、本機はそのフレンドリーシリーズU(ユー)の第2世代機です。

U2_1.jpg

手にしてみると感じるのが、『小さい、軽い、しかしニコン』です。

続きを読む

テーマ : フィルムカメラ
ジャンル : 写真

Pentax *ist (3) 訂正、Mレンズについて(後編)

引き続き、ペンタックスの*istです。
前回、Mレンズ装着時のAvモードで、
  ・ プレビューが効かない。
  ・ 絞り値とシャッタースピードが、連動しない。
   (取説には絞り優先自動露出とあるのに)
のだが、自機の故障だろうか?というところまで書きました。

ist-3_1.jpg

今回はその続きです。大きくわけて、三つのポイントで悩んでみました。
  ・ Mモードにおける露出計の挙動と絞り値伝達爪
  ・ Avモードでのプレビュー不可と絞り制御爪
  ・ ひょっとして、瞬間絞込み測光か!?

続きを読む

テーマ : フィルムカメラ
ジャンル : 写真

Pentax *ist (2) 訂正、Mレンズについて(前編)&フォーカス・エイド

前回、*istの回で、『Mレンズだと、マニュアル露出しか使えず、プレビューが効かない』と書いてしまいましたが、それは誤りでした。

ist-2_1.jpg

ちゃんと効きます。モードセレクトダイヤルで、Mを選択するだけです。AvモードとMモードでまさかプレビュー機能に差があるなどとは考えもせず、Avモードでプレビューが効かないことから勝手に、Mレンズでは常にプレビューが効かない、と思い込んでしまったのでした。

誠に申し訳ありません。

読んでいただいた方々にひとりひとりお詫びして謝りたい気分ですが、そんなことができるはずもなく、この訂正記事を読んでいただくことを願うばかりです。

Mレンズ(とそれより古いレンズ、以下併せて非Aレンズ)については、取扱説明書(リコーのホームページよりダウンロードできます)の18ページに、『使用できるレンズはFA Jレンズと絞りリングにA位置のあるFA・F・Aレンズのみ』とありまして、かなりバイアスをかけてしまいました。

今回、Bronica RF 645さんに先の記事へいただいたコメントにより、気づくことができました。(Bronica RF 645さん、ありがとうございました。)

しかし、これだけでは終わらないのでした・・・。

続きを読む

テーマ : フィルムカメラ
ジャンル : 写真

プロフィール

Ken M.

Author:Ken M.

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

これまでの訪問者数
検索フォーム
リンク
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
アフィリエイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。