スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Minolta α-7700i

α-7000より3年たちました。他メーカーからもAF一眼レフが出揃いました。特にEOS 650620の逆襲は激しかったようです。先の記事にも書いた通り、あたまひとつ抜きん出た性能でもって、αを駆逐していきます。実際には、駆逐、というよりはαでAF化に乗れなかった旧来のユーザーを確実に取り込んでいった、というのが正しいのでしょう。

EOSの逆襲に対し、ミノルタが再び攻勢に出るまでには1年かかっています。最新機種α-5000からも2年です。

再びAF化の先鋒たるべくあらわれた機体、ミノルタα-7700i、1988年5月、定価85,000円。αの第二世代として、α-7000にミノルタの主力機ナンバーである"7"をもう一つ付け足して登場。

α-7700i-1_1
(写真はオプションのハンドルグリップAB700を装着)

続きを読む

スポンサーサイト

テーマ : フィルムカメラ
ジャンル : 写真

Canon EOS 850

何をもってプラスチック・カメラ、プラカメと呼ぶか、に関しては、いろいろな考えがあると思います。私のように、外装にエンジニアリング・プラスチックを使っていればプラカメである、というものもあれば、コンパクトカメラやトイカメラのみをいうこともあるでしょう。私の場合もプラスチック外装だけではちょっと足りなくて、ある程度の電子制御が組み込まれているべき、などという定義をもっていたりするのですが、時期的に電子制御はエンジニアリング・プラスチック外装よりも早く導入されていたので、まぁ問題(?)になることはありません。

一眼レフである時点でほぼプラカメではない、というような人にとって見れば、私がこれまで取り上げてきた機体はほぼプラカメに該当しないわけですが、そんなひとたちでも、ひょっとして一眼レフのプラカメがあり得るかもしれない、と感じたことがあるかもしれない、あるいはこれから感じるかもしれない、という機体が1988年10月、なんと定価48,000円で登場したEOS 850です。

EOS850_1.jpg

続きを読む

テーマ : フィルムカメラ
ジャンル : 写真

Chinon CP-9AF

時系列上の多少の前後はありつつも、α-7000の登場からちょうど3年間の間に登場したAF一眼レフのすべてと、数台の無視できないMF一眼レフについては、前回までですべて取り上げたと思います(※)。キヤノンとニコンはαショックから立ち直り始めた、あるいは既に立ち直っており、先行したミノルタも次の一手をうたなければならない時期にきました。
※ 欠落があればご指摘のほど、お願い致します。

順序からいえば、このあと取り上げるべきはミノルタのα-7700i、そしてようやく登場するニコンのF-801が順当なのですが、なぜか私はこの2台があまり好きではなく、気乗りがしません。

そこで、AF一眼レフ競争に周回遅れで登場し、ほどなくして属する一眼レフのシリーズごと消えていった(要するに、そのメーカ最後の一眼レフとなった)、チノンCP-9AFについて書いてみたいと思います。

チノン(Chinon)なるカメラメーカーを知らないひとは多いと思います。つい最近まで、実は私もそうでした。カメラのOEM生産や8mmシネカメラなどで鳴らしたメーカらしいのですが、近年聞くことはまずないメーカー、ブランドでした。コダックの傘下に入りつつも存続しており、最近ベラミ(Bellami)なるかつての8mmカメラのような外観のレンズ交換式Full HDデジタルカメラで復活を果たしました。メーカーサイトによると、1995年以来の『チノン』商標の新製品だとのことです。

私がチノンというメーカーを知ったのは、AF一眼レフのコレクションを始めて間もないころ、AF 50mm F1.7というレンズ単体でAF作動する化け物のような形とサイズの交換レンズを中古ショップの店頭で見てのことでした。

で、1988年6月までさかのぼってのCP-9AFです。定価72,000円。

Chinon CP-9AF_1

続きを読む

テーマ : フィルムカメラ
ジャンル : 写真

Olympus OM101 (2) Manual Adaputer 2

ちょうど前回のニコンF-401でボディの意匠が似ている、と書いたところなので、入手したらレポートすると宣言していたオリンパスOM101用のマニュアル・アダプターを取り上げます。eBayにてエゲレスから本体価格の倍の配送料を払って入手。人生初eBayでした。英国のセラーは"ship to: worldwide"としていることが多いのですが、ヨーロッパの他の国から出品されているカメラ関連アイテムは日本へは配送してくれないことが多いことを初めて知りました。

まずは本体と並べてみます。

OM101-2_1.jpg

続きを読む

テーマ : フィルムカメラ
ジャンル : 写真

Nikon F-401

1987年4月に登場のニコンの第2世代AF一眼レフ、F-401です。定価64,000円。本機から、ニコンも借り物ではない独自開発のAFを搭載するようになりました。F-401s、F-401xというマイナーチェンジを2回しつつ、後継機のF50が登場する1993年まで、6年にわたったロングセラーのエントリー機です。

Nikon F-401_0

正面から見たときにふたつNikonとあるのはちょっとクドいですね。

続きを読む

テーマ : フィルムカメラ
ジャンル : 写真

Canon EOS 620

キヤノン EOS 620です。

EOS 650 の2ヶ月後の1987年5月、その上位機種として定価108,000円で登場。差額の3万円弱が何かというと、
 ・ プログラムのシフト対応
 ・ オートブラケッティング
 ・ 多重露光機能
 ・ 液晶のバックライト
 ・ 最高シャッタースピードが 1/2000秒 ⇒ 1/4000秒
 ・ シンクロ X=1/125秒 ⇒ X=1/250秒
となっています。ちょっと割高な気がしますが、1/4000秒シャッターは、単焦点レンズを使う人も多いハイエンドモデルには必要でしょうね。

EOS620_1.jpg

続きを読む

テーマ : フィルムカメラ
ジャンル : 写真

Canon EOS 650

α-7000からちょうど2年、1987年3月に登場し、一眼レフのAFにおけるセカンドインパクトとなった機体が今回のEOS 650です。定価80,000円。あっという間にαからトップの座を奪い返し、キヤノン創立50周年を戦勝ムードで飾ったとされています。

EOS650_1.jpg

続きを読む

テーマ : フィルムカメラ
ジャンル : 写真

プロフィール

Ken M.

Author:Ken M.

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

これまでの訪問者数
検索フォーム
リンク
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
アフィリエイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。