スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Chinon CP-7m

今回は、寄り道ではありません。落ち穂ひろいであります。T90F-301OM101がリストに入っているのに、ましてP30TA3 DATET70を取り上げてしまったのに、こいつが抜けているのはおかしい、という機種が一台、残っていました。

チノンCP-7mマルチプログラム、1986年5月、定価72,000円。マニュアル・フォーカス機ながら、2年後のCP-9AFと同じ定価ということは、この2年の間にAF技術がいかに低価格化したかが推測されます。

CP-7m_1.jpg

CP-9AFのもとになったであろうスタイルです。ひとつ前の機種にあたるCP-5にはツインプログラムの添え名が与えられていました。6番は欠番です。

AF向けにレンズマウントに電子接点が配置されていないため、チノンマウントではなく、ペンタックスK互換マウント、となります。

続きを読む

スポンサーサイト

テーマ : フィルムカメラ
ジャンル : 写真

Chinon CP-9AF

時系列上の多少の前後はありつつも、α-7000の登場からちょうど3年間の間に登場したAF一眼レフのすべてと、数台の無視できないMF一眼レフについては、前回までですべて取り上げたと思います(※)。キヤノンとニコンはαショックから立ち直り始めた、あるいは既に立ち直っており、先行したミノルタも次の一手をうたなければならない時期にきました。
※ 欠落があればご指摘のほど、お願い致します。

順序からいえば、このあと取り上げるべきはミノルタのα-7700i、そしてようやく登場するニコンのF-801が順当なのですが、なぜか私はこの2台があまり好きではなく、気乗りがしません。

そこで、AF一眼レフ競争に周回遅れで登場し、ほどなくして属する一眼レフのシリーズごと消えていった(要するに、そのメーカ最後の一眼レフとなった)、チノンCP-9AFについて書いてみたいと思います。

チノン(Chinon)なるカメラメーカーを知らないひとは多いと思います。つい最近まで、実は私もそうでした。カメラのOEM生産や8mmシネカメラなどで鳴らしたメーカらしいのですが、近年聞くことはまずないメーカー、ブランドでした。コダックの傘下に入りつつも存続しており、最近ベラミ(Bellami)なるかつての8mmカメラのような外観のレンズ交換式Full HDデジタルカメラで復活を果たしました。メーカーサイトによると、1995年以来の『チノン』商標の新製品だとのことです。

私がチノンというメーカーを知ったのは、AF一眼レフのコレクションを始めて間もないころ、AF 50mm F1.7というレンズ単体でAF作動する化け物のような形とサイズの交換レンズを中古ショップの店頭で見てのことでした。

で、1988年6月までさかのぼってのCP-9AFです。定価72,000円。

Chinon CP-9AF_1

続きを読む

テーマ : フィルムカメラ
ジャンル : 写真

プロフィール

Ken M.

Author:Ken M.

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

これまでの訪問者数
検索フォーム
リンク
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
アフィリエイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。