スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Olympus L-1

またしても道草であります。

前回から1年を空けないコダックのフィルム大幅値上げによる財布へのインパクトにより(クドい・・・)、フィルムの終焉にまた一歩近づいた今、もはや横道にそれている余裕などない!との念に駆られそうになりましたが、いやべつに、このブログにせよフィルムの衰退を食い止めるのだ!などという高尚な志をもって始めたわけではなく、明日フィルムがなくなったとしてもなにもかわらず手元のオモチャを紹介していくだけであることに思い至りました。

まわり道上等、ただし時の流れを見失わぬ程度に、で進めていきます。

前回のT70では、α-7000以降の機体という箍(タガ)を外してしまいましたが、今回はレンズ交換式という枠を超えてしまいます。レンズ一体型一眼レフ、オリンパスL-1であります。1990年8月、ニコンF-601とほぼ同じタイミングでの登場でした。定価79,000円は、レンズ付きとはいえなかなかのお値段です。

L-1_1.jpg

OM707OM101でレンズ交換式一眼レフを打ち止めにしたオリンパスが、それでも一眼レフにこだわって(たぶん)、新たな生きる道として出したた答えがコレでした。

続きを読む

スポンサーサイト

テーマ : フィルムカメラ
ジャンル : 写真

Olympus OM101 (2) Manual Adaputer 2

ちょうど前回のニコンF-401でボディの意匠が似ている、と書いたところなので、入手したらレポートすると宣言していたオリンパスOM101用のマニュアル・アダプターを取り上げます。eBayにてエゲレスから本体価格の倍の配送料を払って入手。人生初eBayでした。英国のセラーは"ship to: worldwide"としていることが多いのですが、ヨーロッパの他の国から出品されているカメラ関連アイテムは日本へは配送してくれないことが多いことを初めて知りました。

まずは本体と並べてみます。

OM101-2_1.jpg

続きを読む

テーマ : フィルムカメラ
ジャンル : 写真

Olympus OM101

今回は、プラスチック一眼の歴史の中でもかなりマニアックな存在、オリンパスOM101です。

こいつは・・・はたしてOM707の後継機、なんでしょうか?

1988年2月、OMマウント、というよりはOM707と同じマウント(OM AF?)で登場しました。定価45,000円。一見同じマウントでありながら、いわゆるOMマウントがレンズ着脱ボタンをレンズ側に持つのに対し、OM AFではボディ側にそれを持ちます。旧ボディ(OM一桁機、OM二桁機)に新レンズをつけたが最後、レンズとボディのいずれにも着脱ボタンがないために、結果的に、OM707の回でも書いたとおり二度とレンズを外すことができないという悪夢のような事象が発生します。

このような旧OMユーザを敵に回しかねない仕組みになぜなってしまったのか、さっぱりわかりません。

さて本機、OM707の不発で売れ残ったOM707用のレンズの在庫を一掃するために登場したのではないか、といったふうに巷では言われているようですが、その割には力の入った機体となっております。

まず、デザイン的にも曲線・曲面を多用した独自性が高いものです。たしかに前年に登場したEOSのデザインに影響を受けたというのはありそうですが、サルマネではないと言えるだけのオリジナリティはあると思います。OM707にこのデザインが使われていたら、と考えてしまうのは私だけではないでしょう。

OM101_1.jpg

続きを読む

テーマ : フィルムカメラ
ジャンル : 写真

Olympus OM707

AF一眼システムの3番手はオリンパスで、1986年3月にOM707で名乗りを挙げました。定価79,800円、前年にOM-2SPが72,000円で出ていますから、お値段的にはスタンダード機でしょう。

OM707_1.jpg


が、おそらく、『こっ、これがOM!?』という否定的な驚きをもって迎えられたのではないでしょうか?

続きを読む

テーマ : フィルムカメラ
ジャンル : 写真

プロフィール

Ken M.

Author:Ken M.

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

これまでの訪問者数
検索フォーム
リンク
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
アフィリエイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。