スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Nikon F90

数あるニコンAF機の中で、振り返ってみて、最も不遇な機体がこのF90ではないでしょうか。1992年9月、定価128,000円にて登場。ノーマル裏蓋の通常版の他に、バリエーションとして裏蓋にデータバックMF-25、マルチコントロールバックMF-26を装備したものがあり、それぞれF90D(定価140,000円)、F90S(定価155,000円)と名付けられています。本稿の機体はF90Dです。いずれも同じタイミングで登場しています。

分け方にもよりますが、ニコンAFも第3世代に入りました。

F90_1.jpg

で、何が不遇かといって、しっかりとした作り込み(いかにも頑丈なボディ)と様々な試みにもかかわらず、今となっては先代のF-801ほど話題にされず、後継機のF100ほど名機と呼ばれず、ほぼ忘れ去られてしまっていることです。

本機のマイナーチェンジ版F90Xと併せて、8年間ほども生産されていたことになっており、当時から人気がなかったわけではないようなのですが・・・。

続きを読む

スポンサーサイト

テーマ : フィルムカメラ
ジャンル : 写真

Nikon F-401x

前回のF-801s同様、F-601の登場に合わせてエントリー機F-401も2度目の更改が行われました。ニコンF-401x、1991年4月、定価64,000円。F三桁機の最終機です。

F-401x_1.jpg

ニコンは結局、今世紀に入ってからのUsに至るまで、ファミリークラスと呼べる機体を用意しませんでしたし、そのUsやAPS機を含めても定価で4万円台の一眼レフを出しませんでした。ユーザの新規開拓には随分苦戦したと推測されますが、いぶし銀のようなニコンの強さが既存ユーザを離さなかったのか、ジャンク棚やジャンクカゴ、まれには中古品として、相当数のF三桁機を見ることができます。その中にはもちろん本機F-401xもいます。

続きを読む

テーマ : フィルムカメラ
ジャンル : 写真

Nikon F-801s

先日、ビックカメラに寄ったところ、コダックのスーパーゴールド400の10個パックが在庫限りとなっていました。スーパーゴールド400自体は残るようですが、微妙に値上げがなされているような?エクターの5個パックにも在庫限りの札が張り付けられていました。

また一歩、時限に近づいたようです。

さて。

気をとりなおして。

F-601の登場に合わせて、3年前のF-801の機能を底上げして登場したのが、今回のニコンF-801sです。1991年3月、定価98,000円。1991年3月といえば、バブル崩壊の始まりとされるタイミングでした。世間がそれを感じるのは、もう少し先になります。

F-801s_1.jpg

F-801から更改された点のうち、最大のものが動体予測AFの搭載でしょう。ニコンの動体予測AF(ニコン流にいえば予測駆動)を搭載する機としては、F4、F-601に続く3機種目となります。

続きを読む

テーマ : フィルムカメラ
ジャンル : 写真

Nikon F-601

α-7000から遅れること5年半、1990年9月、ついにニコンからスタンダードAF機が登場しました。F-601、定価80,000円。

F-601_1.jpg

待っていたひとは待っていた、のでしょうか。中古市場、ジャンク市場でも相当数を見かけます。

定価80,000円という価格は、他社に比べて値引き率が小さかったという話と併せても、EOS 630(定価85,000円)、EOS 10(定価90,000円)やα-8700i(定価88,000円)と十分に競合できたものと思われます。

続きを読む

テーマ : フィルムカメラ
ジャンル : 写真

Nikon U2

キヤノン、ミノルタ、ペンタックスにつづけてニコンの銀塩最終機(くどいようですが、F6は別枠として考えています)を取り上げます。ニコンU2、2003年3月、定価64,000円で登場。

αショック以来、エントリー機からハイエンド機までの統一感がないというのか、ずいぶんと商品展開に悩んだ印象を受けるニコンですが、F5の1996年を境に、いぶし銀のような強さを見せ始めます。それが象徴的に表れているのがボディのデザインで、悪く言えば単調ですが、ひと目でニコンとわかる意匠を確立させました。

クラスとしてはF-401、F50、F60と続いてきたエントリークラスではありますが、海外名はF75(N75)となっていますので、F80のチョイ下、といった位置づけになっているようです。実際、機能の充実でいえば、3年前のF80と逆転しているところもあるでしょう。

ニコンも、キヤノンのKiss、ミノルタのSweetというサブブランドに対抗するかのようにフレンドリーな名前で投入してきたのはペンタックスと同じです。が、ニコンに限っては、その戦略は必要だったのか、と考えるひとも多いことでしょう。ともかく、本機はそのフレンドリーシリーズU(ユー)の第2世代機です。

U2_1.jpg

手にしてみると感じるのが、『小さい、軽い、しかしニコン』です。

続きを読む

テーマ : フィルムカメラ
ジャンル : 写真

Nikon F-501 (3) 三脚アダプター AH-3

年表を見ていただくまでもなく、次はミノルタαー8700iを取り上げるべきなのですが、αー8700iはひとつの句切りとなる機種である、と私の中では勝手に位置付けておりましして、その区切り前にあといくつか、既出の機体に関する小ネタで引っ張ります。

で、今回は極めて地味だけれどもF-501を(私が)使う際に欠かせないアイテム、三脚アダプターAH-3です。

F-501-3_1.jpg

上の写真は、AH-3を介してグリップストラップを装着したところです。

私は、カメラの体感重量と落下リスクを低減し、きちんと使えば手振れも抑制してくれる、このグリップストラップというものが、もっと使う人が増えてもいいんじゃないか、と考えていますが、あまり耳を傾けてくれるひとがいません。ごく最近、ようやく職場の同僚がひとり、その素晴らしさを理解してくれたようです。

続きを読む

テーマ : フィルムカメラ
ジャンル : 写真

Nikon F-501 (2) AF コンバータ TC-16AS

さらに寄り道して、ミノルタからも離れます。

α-7000が成功した理由のひとつとして、本体と同時に14本ものAF対応レンズが展開されたことが挙げられます。これは同時に、MFからAFへ、緩やかにシフトしていこうと考えていた各メーカーに、そんな猶予がないという状況を突き付けました。

しかし、既に各社とも充実したレンズ・ラインナップを保持している状況でしたから、ミノルタに追随するかたちでレンズ(マウント)を一新することを決意したのは結局キヤノン一社だけでした。

まぁ、過去の資産を活かそうとするのが普通ですね。

今回はそんな過去のレンズ資産をAFレンズとして活用させる魔法のアイテム、『MFレンズをAF化するアダプター(ニコン版)』です。

F-501-2_1.jpg

x1.6のAFコンバーターTC-16AS(もしくはTC-16A)。F-501と同じ1986年4月に、定価26,000円で登場。本体には、『AF TELECONVERTER TC-16A 1.6X』とあります。ネット上ではTC-16AS、TC-16A、ふたつの表記がありますが、どちらも同じものを指しているようです(たぶん)。

続きを読む

テーマ : フィルムカメラ
ジャンル : 写真

プロフィール

Ken M.

Author:Ken M.

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

これまでの訪問者数
検索フォーム
リンク
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
アフィリエイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。